無添加育毛剤マイナチュレ

薄毛に良いとされる食品はなんでしょうか?

薄毛に良いとされる食品はなんでしょうか?
これから紹介していきたいと思います!


<大豆>
かなり有名ですが、確かに良く効きます。栄養素も高く、肉類をたべなくても体力を維持する事が出来ます。

大豆の中には「イソブラボン」という成分が多く含まれているのですが、この「イソブラボン」は女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
沢山のたんぱく質を含む為、髪の毛に有効なものです。

豆腐 
大豆に比べて炭水化物は減少するが、たんぱく質、脂肪、共に消化されやすい形になり、その栄養素はほどんど無駄なく体内で役立ちます。

納豆
独自の粘りには「ナットキナーゼ」という酵素が含まれており、血栓を溶かして血液をサラサラにする効果があります。
コレステロールを減らすリノール酸や食物繊維、高血圧を予防するカリウムや動脈硬化を予防するイソブラボンも豊富です。

枝豆
栄養価も大豆と同じで、たんぱく質やビタミンB1、カルシウムが多く含まれる他、大豆にはないビタミンCやAを多く含んでいるのも特徴です。


<黒ゴマ>
昔から健康食品として愛されてきた黒ゴマには、ナイアシンや鉄分などの必須ミネラルが豊富に含まれています。
たんぱく質や植物性脂肪などの栄養分も含んでおり、食卓には欠かせない影の支え役といえます。
黒ゴマは、軽く炒めると香りが増し、すり鉢で擦っておくと消化が良くなります。
薬味などに使うと良いでしょう!


<海藻類>
薄毛、抜け毛には海藻類が役立ちます。髪に光沢をもたらす元になっているのは、コンドロイチンという成分です。これは、海藻類のヌメリの成分です。

ワカメ
昔からワカメを食べると髪が生えてくる、髪が黒くなると良く言われます。実際、海藻類にはミネラルが豊富ですので、髪質に良い効果をもたらします。

昆布
栄養化の高い食品です。髪の毛を艶やかにするヨード・ビタミンA・B1・B2・カリウム・カルシウム・亜鉛・食物繊維など、多くの栄養素を含みます。


<魚介類>
魚の油は、動物油とは違って、体が吸収しづらく、重くもありません。
特に貝類には亜鉛が多く含まれています。※亜鉛は育毛に欠かせない栄養素ですが、過剰摂取には注意してください。

まぐろ
赤身にはたんぱく質が豊富で、鉄分が多めです。
血合い部分には、タウリン・ビタミンE、鉄が多く含まれます。

イワシ
良質なたんぱく質を多く含み、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサンエン酸)の含有量は魚の中でもトップクラスです。

牡蠣
「海のミルク」とも呼ばれる牡蠣は、亜鉛を豊富に含んでいます。
亜鉛不足による味覚障害が問題視されている現代において進んで摂取したい食材といえます。


<肉類>
肉類にも、育毛にかかせない亜鉛を含んでいます。

レバー
貧血予防に効果がある牛や豚などのレバーには、鉄分や亜鉛が含まれています。鉄分や亜鉛の他にも、銅やナイアシン、ビタミンB群などが含まれており健康的な髪や体を作るには最高の食品といえます。


<野菜類>
野菜は、ビタミンCやB群などが含まれています。

カボチャやほうれん草など・・・
カボチャやほうれん草などの緑黄色野菜には、細胞分裂を助けるビタミンB群や血行を促進するビタミンEなどのビタミンが豊富に含まれています。


以上、薄毛に効く食品を紹介させていただきましたが、これらの食品を取り入れてバランス良く栄養をいただく事が大切です。

あなた様のお悩みを解消できる商品がございます。

   ↓こちらをクリックしてください。




あなた様のお悩みが、一日でも早く解消されることを心より願っております。
posted by しーさん at 16:21 | Comment(0) | 薄毛に効果がある食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい育毛というのは、まず頭皮の健康を整えることから始めます。

正しい育毛というのは、まず頭皮の健康を整えることから始めます。髪の成長というのは毛の付け根に存在している毛乳頭細胞や毛母細胞が一番強く影響し、非常に大切な役割を果たしています。
そのため育毛を行う場合は、いかにこれらの細胞が活発に活動することが出来る環境を整えるか、ということが重要になってきます。

まず育毛方法として、生活習慣を見直してみましょう。
早寝早起きをし、睡眠を十分とることが大切です。そして、「栄養バランスのよい食事をとること」も重要です。
体の栄養=髪の栄養ですから、栄養バランスを考え、3食きちんと取りましょう。

次に、摂取した栄養を頭皮に運ぶのは血液ですから、血液の循環を良くするため、適度な運動も必要となってきます。
新陳代謝を良くし、頭皮まで栄養を送りましょう。

また、ストレスで円形脱毛症になるということもあります。「ストレスを貯めすぎない」これも育毛には大事なことです。
ストレス社会と言われる現代では「貯めない」というのは難しいかもしれませんが、気分転換を上手にしていきましょう。

こうした日常の心掛けから育毛の第一歩を踏み出すことが出来ます。


<育毛方法には育毛剤をつかう方法もあります>
育毛剤の作用としては・・・。
 男性ホルモンの働きを抑制する
 頭皮の血行を促進する
 毛母細胞を活性化する
 体内の発毛環境を整える

育毛剤といっても色々な種類があり、それぞれ効果も変わってくるので、自分に適したものを見つけないといけません。

育毛剤を使ってもすぐに効果があらわれるという事ではないので、継続的に使用することが大切です。最低でも半年は使うようにしてください。
最近では、女性の育毛剤の種類も増えており、女性専用の無添加育毛剤などもあります。

あなた様が笑顔になれる商品がございます。

   ↓こちらをクリックしてください。




あなた様が素敵な毎日を過ごされることを心より願っております。
posted by しーさん at 11:26 | Comment(0) | 薄毛の育毛方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭皮の血行が悪いと頭皮が硬くなって髪の健康状態が悪くなります。

頭皮の血行が悪いと頭皮が硬くなって髪の健康状態が悪くなります。
特に、若い人の薄毛は、頭皮が硬く張っている人が多いようです。

<髪の悩みの解決は頭皮ケアにあり!!>
私たちの体は約60兆個の細胞で構成されていて、毎日約4500億個もの細胞が生まれ変わっているといわれています。
特に、頭皮は細胞分裂が盛んです。
しかし、血流が滞るようになると細胞に栄養が運ばれにくくなり、頭皮がうっ血し、細胞の生まれ変わりが遅くなってしまいます。
その結果、薄毛になりやすくなるのです。細胞が元気に生まれ変わるようにすれば、頭皮も髪も再び元気になります。

また、人間の体から出る皮脂の約6割近くは、頭皮の皮脂線から出ています。頭皮は汗腺の働きも活発なので、汗もたくさん出ます。
こうして排出された皮脂や汗、頭皮についたホコリなどを、一日でもそのまま放置しては、頭皮の環境を悪化させることになります。

髪の悩みは、髪に栄養を与えるトリートメントやヘアパックなどのヘアケアだけでは、根本的な解決にはならないのです。
その土台である頭皮の環境が悪ければ、髪の毛は抜け落ち、細くなり薄毛になります。

頭皮の細胞を元気にするには「頭皮マッサージ」と頭皮を清潔に保つ正しいシャンプー方法を毎日することが大切です。


頭皮マッサージが薄毛対策に有効なのですが、その方法は、指の腹を使って丁寧に行うことが大事です。
決して爪でこすってはいけません。
頭部の横側から頂上に向かって、ゆっくりとマッサージしながら頭皮ケアをしていきます。
頭皮には血行をよくするツボがあるので、そのツボを押すのも頭皮ケアには有効です。

百会というツボが最も有効で、頭頂部のセンターラインと耳上のラインが交わった所を、人差し指で軽く回しながらマッサージすると良いでしょう。
頭頂部のセンターから2、3センチ幅のところにもたくさんのツボがあるので、ぐるぐる回すことによって、どこかのツボに入ります。
そして、頭皮を洗うシャンプー選びも重要になります。

〜頭皮に優しいシャンプーの選び方〜
洗髪剤は、洗浄成分が石油から合成されたものと天然成分から作られたものの2種類に分類する事が出来ます。石油から作られた洗髪剤の特徴は、価格が安いと言う事です。しかし、洗浄力が強すぎて、肌に刺激を与えたり、頭皮に必要な皮脂まで洗い落してしまうというデメリットがあります。
一方、天然成分から作られたものは、人と同じ弱酸性なので洗浄力が程よく、頭皮や肌に優しいと言う特徴があります。しかし、天然成分から作られているので、大量生産が難しい事と、作るのに手間がかかってしまうことから価格が高くなる傾向にあります。
一般に、頭皮シャンプーと言われるものは、自然の原料を用いた優しい頭皮環境を改善する効果があるシャンプーを指しています。
頭皮状態に悩みがあり、頭皮環境を改善したい場合は、天然成分で作られた肌に優しいシャンプーを選びましょう。

あなた様のお役に立てる商品がございます。

   ↓こちらをクリックしてください。




あなた様のお悩みが、一日でも早く解消されることを心より願っております。
posted by しーさん at 10:57 | Comment(0) | 頭皮の薄毛ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。