無添加育毛剤マイナチュレ

正しいシャンプーは薄毛予防の第一歩です。

<正しいシャンプーは薄毛予防の第一歩>
シャンプーの選び方とともに、意外と盲点になっているのがシャンプーのやり方です。
シャンプーは、本来、髪の汚れを落とすために行うものですが、この方法を間違えると薄毛の原因になる場合があります。
せっかく良いシャンプーを手に入れても、シャンプーのやり方が間違っていては意味がありませんので、正しいやり方を理解しておきましょう。

<まずは、良いシャンプー選びから>
シャンプーの種類を大別すると、髪の保護や補修を目的としたコンディショニングタイプ、安全性をうたった自然派タイプ、弱った頭皮や育毛を目的としたタイプの3種類があります。
《このうち、薄毛予防をしたい人、薄毛を改善したい人は、最後の「頭皮用シャンプーが良いでしょう。女性専用の頭皮用シャンプーも販売されていますので、試してみてはいかかでしょうか!》


<正しいシャンプーの仕方>
1.ブラッシング
髪を濡らす前に軽くブラッシングをしましょう。
ブラッシングをすることで頭の血行がよくなり汚れを浮き上がらせたり、髪の絡まりを防いでシャンプー時の負担を軽くします。
また、髪を洗う前にお風呂によく浸かって毛穴を開くようにしておきましょう。

2.前流し
髪をよく濡らします。少し熱めの温度設定で濡らすというよりも流すという感覚で!
ここで髪に付着したほとんどの汚れを落とすことができ、シャンプーの泡立ちを良くすることが出来ます。

3.頭皮洗い
髪を洗うだけではなく、頭皮を洗うという感じで十分シャンプーを泡立て、指の腹でやさしく丁寧に洗います。
爪を立てて洗わないように気を付けましょう。

4.後流し(すすぎ)
シャンプーを終えたら、たっぷりのお湯でよく流します。
流し終えた時点で、シャンプーの成分が残っていると、髪や肌への負担となってしまいますので、十分すぎるぐらいに流しましょう。

5.リンス・コンディショナーで整える。
シャンプーを流し終えたら、リンス・コンディショナーを髪に馴染ませます。リンス・コンディショナーもしっかりと洗い流してください。

  
頭皮に何かしらの効果があるリンス・コンディショナー以外は、頭皮には絶対につけないことが大切です。
耳から下の髪の毛だけにつけ、つけたらすぐ洗い流してくだい。(出来たら30秒以内で!)

6.タオルドライ
タオルで髪を拭くときにも髪のキューティクルを傷つけないように注意をしましょう。
髪を乾かす時は、タオルで髪をはさみ、ポンポンとたたくようにしながら水分を拭き取るとよいでしょう。
さらに、ドライヤーも熱風を当てすぎないようにしてください。


あなた様におススメの商品がございます。

   ↓こちらをクリックしてください。




あなた様が、毎日笑顔で過ごされることを心より願っております。

posted by しーさん at 12:36 | Comment(0) | 女性の薄毛を防ぐシャンプー方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。