無添加育毛剤マイナチュレ

一番抜けやすく、一番生えにくいのが生え際といわれています。

一番抜けやすく、一番生えにくいのが生え際といわれています。
実は、一番最初に薄毛に気づく人の多くは、生え際の後退が気になりだしてから薄毛に気づいた・・という人がほとんどのようです。
この生え際の後退、気づいた時点で、もう頭部全体の薄毛はかなり進行した状態になるといわれているのです。
生え際の後退が薄毛の始まりではないようです。

生え際の抜け毛や薄毛の場合、一番多い原因は「男性ホルモン」との関係です。生え際の脱毛の場合は男性型脱毛症(AGA)に特徴的なものです。男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で薄毛になるといわれています。
男性ホルモンが過剰に分泌されることで部分的に胸毛やスネ毛は濃くなるのですが、テストステロンの影響を受けて髪の毛は成長が阻害されて、抜け毛も増えていきます。

そして頭頂部に比べて、生え際の薄毛症状は改善することが一番困難だといわれています。

それは、生え際は一番男性ホルモンの影響を受けやすい部分なので、そのため、原因を特定できていないと、頭頂部の薄毛は改善しても、生え際から毛が生えてこない・・ということも多いそうです。

*放っておくと症状は悪化するばかり*
生え際の後退の特徴は、症状の悪化のスピードです。毎日薄くなっているような気がする。というのは気になっているからという理由だけではなく、実際に薄毛が進行している可能性がかなり高いです。

生え際の薄毛が治りにくい理由は大きく分けて二つあります。

一つ目は、男性ホルモンの影響が強いエリアであることです。DHTという男性ホルモンがAGAの原因ですが、より強力なDHTを生み出す酵素が前頭部に多く存在しているために影響が強く出てしまいます。


二つ目の原因は、皮膚が堅くなりやすいことです。前頭部の皮膚は他の頭部の皮膚と比べて堅くなりやすいことがわかっています。
その結果、血流が非常に悪くなりやすいので、髪の発育が進まないというわけです。

『女性の生え際の薄毛について』
女性の生え際の薄毛は、今や申告な悩みとなっています。
これまで、生え際の薄毛は、男性特有のものと考えられていました。男性ホルモンが影響しているということもあって、女性には無縁である。と考えられてきました。
ですが、実際には「AGA」を発症する女性も増えてきました。
「AGA」とは男性型脱毛症のことですが、それを発症する女性が増えてきているといわれています。

あなた様のお悩みを解消できる商品がございます。

   ↓こちらをクリックしてください。




このサイトが、髪の毛のトラブルに悩まれるあなた様にとってお役に立てれば幸いです。
posted by しーさん at 11:09 | Comment(0) | 生え際の薄毛について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。