無添加育毛剤マイナチュレ

薄毛に関して、「遺伝のせい」だと思っている方は、沢山いらっしゃると思います。

自身の薄毛に関して、「遺伝のせい」だと思っている方は、沢山いらっしゃると思います。
自分の家族に薄毛の人がいる場合、大半の人が「自分も薄くなるかもしれない」と不安に思っているという統計もあります。

すべての薄毛が遺伝するわけではありませんが、確かに遺伝による薄毛も存在すると言われているようです。
特に、最近よく言われるのがAGA男性型脱毛症)で、遺伝的な要素が多く関わっていると言われています。
頭頂部を中心に薄くなったり、生え際が後退したりする脱毛症で、男性の髪の悩みの大半を占める脱毛症となっています。

2005年ドイツの研究チームが「薄毛に関する遺伝子」の一部を初めて発見しました。研究チームでは、40歳以前に薄毛になり始めた男性のいる家系の血液を分析し、若くて薄毛になった人はX(エックス)染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立つことを発見しました。
遺伝子変異のため頭皮で男性ホルモンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなるのではないかと考えられています。

また、母親の遺伝を受ける傾向が強い、というのも事実だそうです。
母親が薄毛だったり、母方の祖父が薄毛であれば、自分も将来薄毛になる可能性があるそうです。
だだ、強い遺伝による薄毛は、薄毛に悩んでいる人たちの4%にすぎないと言われていますので、ほとんどの遺伝による薄毛は改善や予防が可能といわれています。

薄毛の原因は、遺伝ばかりではなく、食事や生活習慣の乱れやストレスによって薄毛になることもあるので、家系に薄毛の人がいないからといって安心は出来ません。
まずは、生活習慣の改善が必要です。そして本当に改善しない遺伝的薄毛は少ないことを知ってきちんとケアすることを始めましょう。

まずは、一歩踏み出すためのおススメ商品がございます。

    ↓こちらをクリックしてください。





一日でも早く、あなた様のお悩みが解消されることを心より願っております。
posted by しーさん at 14:50 | Comment(0) | 薄毛と遺伝の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。