無添加育毛剤マイナチュレ

クリニックなどにおいて薄毛を治療する場合、薬を服用するという方法があります。

クリニックなどにおいて薄毛を治療する場合、薬を服用するという方法があります。
薬による薄毛治療は安全なのでしょうか?
服用する前にどの様な種類のものがあるか副作用についても知っておく必要があります。

薄毛の多くは生活習慣の乱れが大きく原因にありますが、中にはAGA(男性型脱毛症)のような男性ホルモンが原因のものもあります。

このAGAは男性ホルモンが原因であることが解明されて飲むタイプの治療薬が出でいます。
薄毛に関しては外用薬も出ています。薄毛のタイプによってその治療法は異なるので、こうした治療薬も効果のあるものを原因により選択していかなくてはなりません。

まず、治療薬としては医薬品と医療外品に分かれます。

医療品とは医師の処方がないともらえない薬なので、予め医師の診断が必要です。一方医学外品では薬局やドッラクストアで手に入れる事が出来るものもあります。

<主な薄毛治療薬>
経口治療薬 プロペシア
フィナステリドという成分が入った男性型脱毛症の治療薬です。現在ではAGAの治療薬で最もポピュラーです。
ただし、厚生省の認可はおりていますが、保険適用外なので治療費は自己負担になり、薬代は1か月に10,000円程度かかります。
プロペシアはお医者さんで処方してもらえます。

比較的、副作用が少ない治療薬ですが、極まれに性欲減退・性機能低下などの副作用が見られるとの報告があります。
しかし、男性が服用した場合、仮に副作用が起こったとしても服用をやめると症状はなくなり後遺症も残りません。

※プロペシアは、妊婦の方や胎児への影響があるとされていますので、女性がプロペシアを飲む事は禁止されています。
妊娠中はプロペシアに触る事も避ける方が良いと言われています。



外用治療薬 ミノキシジル
もともと高血圧に使われていた内服薬です。この「ミノキシジル」の成分を利用して開発されたヘアケア用品が「リアップ」です。男性、女性ともに使用可能です。
頭皮の疾患によっては、保険適用があります。しかし殆どの診療では、保険適用外です。
人によって効果はまちまちで、頭皮のかゆみの原因になる場合もあります。


他にも海外の商品を見れば同じような成分の治療薬が名前を変えて販売されています。しかし、一般の人が手軽に入手するという点を考えれば海外の治療薬はおススメ出来ない点も多いです。


<治療期間は最低でも半年〜1年程度は経過観察をする>
治療方法によって異なりますが、薬剤による治療の場合には、効果がはっきり確認できるまでに時間がかかる事があるため、6ヶ月程度の継続的な治療が推奨されているようです。

あなた様のお役に立てる商品がございます。

   ↓ こちらをクリックしてください。




あなた様のお悩みが一日でも早く解消されることを心より願っております。
posted by しーさん at 10:48 | Comment(0) | 薄毛の治療薬について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。